海外旅行

新千歳空港から格安LCCで行ける海外をまとめてみた

国際線ターミナルが整備されてますます海外に行き易くなった新千歳空港。

成田や関空などを経由しなくとも、格安LCC(ローコストキャリア)が沢山就航しているので、費用も抑えながら海外に行くことも可能になってきました!

今回は新千歳からLCCで気軽に行ける旅行先をまとめてみます。

①韓国(ソウル・釜山・大邱)

新千歳から季節を問わず、最も格安でいける海外は、お隣の韓国です!

セールでうまく取れれば土日でも往復1万円代でいけちゃうことも!

ソウルの仁川空港まで就航しているLCCは次の通りです。

新千歳→ソウル(仁川空港)

・ピーチアビエーション
・イースター航空
・チェジュ航空
・ジンエアー
・ティーウェイ航空
・エアソウル

日本のLCCであるピーチアビエーションの新規就航が決まり、ますます競争も激化する様相のあるソウル線ですが、各社が凌ぎを削っている路線なのでセールも頻繁に行うことが多いのでも特徴です。

さらに韓国第2位の人口を誇る釜山や、

新千歳→釜山(金海国際空港)

・エアプサン・チェジュ航空

第3の都市である大邱(テグ)にも直行便が出ていますよ。

新千歳→大邱(大邱国際空港)

エアプサン

大邱までは2時間40分、釜山までも2時間45分の飛行時間なので、
札幌から国内の地方都市へ行く感覚で、海外へ行くことが可能です。

②台湾(台北)

韓国同様に週末海外をしやすいのが台湾です!

日本のLCC筆頭格である「ピーチアビエーション」も台北の桃園国際空港まで就航しているので、初めて個人で航空券を取る人や、初海外の方でも安心です。

新千歳→台北(桃園国際空港)

・スクート
・ピーチアビエーション

運行曜日がそれぞれで設定されているので、詳細は各社のホームページでご確認ください。

③中国(上海・南京)

上海や南京にもLCC直行便で行くことができます。

新千歳→上海(浦東国際空港)

・春秋航空
・上海吉祥航空

新千歳→南京(禄口国際空港)

・上海吉祥航空

またLCCではないですが、FSC(フルサービスキャリア)も、新千歳から北京や天津、さらには香港へも直航便が就航しています。

④タイ(バンコク)

東南アジアの大都市「バンコク」にも、タイエアアジアXが直行便を就航しています。

休日の出発でも片道1万円前半で取れることもしばしば!

飛行時間は7時間半ほどですが、新千歳を朝に出て、バンコクに15時台(現地時間)に着くので、到着後も現地で半日以上過ごすことができますよ。

新千歳→バンコク(ドンムアン空港)

・タイエアアジアX

⑤マレーシア(クアラルンプール)

エアアジアXがクアラルンプールへの直行便を出しています。

クアラルンプールへは週4日就航(月・水・金・日)のため注意は必要ですが、
こちらもバンコク同様、新千歳から直行便として非常に利用価値の高い便です。

クアラルンプールで乗り継げば、隣国シンガポールや、インドネシア、
さらにはインド洋の楽園モルディブなどにも、安価で行くこともできてしまいます。

新千歳→マレーシア(クアラルンプール)

・エアアジアX

おわりに

新千歳空港からLCCで行ける旅行先のまとめでした。

googleフライトやスカイスキャナーは金額の一発比較ができ、最安値も一目でチェックできるのでまだ利用したことのない人にはオススメです。

今回ご紹介した旅行先は、新千歳から短期間で気軽にいけてしまう国ばかりなので、セールも活用しながらぜひ次の連休に計画を立ててみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です