札幌

札幌駅南口で開催中のイベント「サラフェス」を紹介します。

こんにちは、ユウです。

先日からJR札幌駅南口で開催されている

ステージイベントをはじめ、見どころ満載の

サラリーマン交流型フードイベント「サラフェス」に行って来たのでレポートします。

イベント概要

場所 JR札幌駅南口イベントスペース
開催時間 2018年8月31日(金)〜9月9日(日)10日間

平日 / 17:00〜23:00

休日 / 12:00〜20:00(最終日は18時まで)

(雨天決行・荒天中止)

出店店舗 ・みよしの(餃子)

・いただきコッコちゃん(焼鳥)

・ビストロ金獅子(ステーキ丼、メンチカツ)

・俺のラーメンこうた(ラーメン)

・海鮮丼屋 小樽ポセイ丼 総本店(海鮮丼)

・Made in 北海道×サンマルコ食品(コロッケ)

イベント特典 曜日に合わせて先着順でプレゼントあり。詳しくはこちら
備 考 専用駐車場はないので公共交通機関を使用または札幌駅近辺の時間貸しの駐車場を利用

概要をまとめてみましたが、平日は23時まで開催しているのがとてもありがたいところ!終電にも余裕で間に合ってしまいますね。少し早めに出れば23時5分発の旭川行き最終電車にも間に合います(笑)

また曜日に合わせて先着順にプレゼントのある嬉しいフードフェスになっています。女性の方は入場するだけできのとやのクッキーが貰えますよ!(先着100名)

他にも条件はありますが特典もあるので行く前に要チェックですね。

個人的には札幌のクラブ「キングムー」からDJ登場はとても気になります!笑

これまでの札幌駅南口のフードイベントと言えば、つい先日まで同じ場所で開催されていた「ビアフェスタ」を思い出す方もいらっしゃると思いますが、このサラフェスは一味違うフードフェスタになっていました!詳しくは続けて説明します。

サラリーマン以外も楽しめる工夫

「サラフェス」という名前なので、僕のようなリーマンをメインターゲットにした訴求内容にはなっていますが、実際行って見て感じた印象は、巷のサラリーマンが残業後に大衆居酒屋でくだを巻くような雰囲気というよりは、もっと垢抜けたイベントの印象を感じました。

ススキノから日替わりでママが登場する「スナック愛」というイベントテントや、よくマンガで見る酔っ払ったお父さんが手からぶら下げて持ち帰る手土産(これは本当によくできてます!)の販売もありますが、今流行りのグランピングテントや、木目調のバーカウンターも今どきなオシャレ空間なんですよね!

グランピングテントの中はとても札幌駅の野外とは思えないくらいです!中札内村にあるフェーリエンドルフさんの紹介もありました。

またテントの側には、北海道の著名企業の社長達が感銘を受けた書籍の紹介屋台があったり色々と工夫が凝らされていました。

ゆっくりと秋の夜長にお酒を飲みたい方にはオススメしたいですね!

リーズナブルで美味しいフードも魅力

僕は大通で行われるビアガーデンも好きなのですが、フードが比較的高い印象があるので長居はいつもせずに二次会は違う場所でということが多いです。

ただ、このサラフェスはフードがとにかく良心価格!

道民のソウルフード「みよしの餃子」もワンコイン以下で食べられます。仕事帰りのお父さんにもやさしい価格なのでぜひ教えてあげたい!

他にも札幌や小樽の人気店のフードはレパートリーも豊富なので、おいしいお酒とともに時間が許す限り楽しむことができますね。

 

まとめ

今年初開催ですが魅力満載のフードイベントでした。

僕のオススメはライトアップが綺麗なバーカウンターです。一人飲みも多く全然OKな雰囲気なので、札幌駅近辺で飲みたいけど一人だからな・・・と思わずに仕事帰りや週末にぜひ立ち寄ってみてくださいね!

また行く予定なのでレポートも追記します!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です