札幌

「ナガヤマレスト」昭和にタイムスリップした空間で美味しいご飯!

こんにちは、ユウです。

再開発が進む創成川イーストはカフェ激戦区としても
近年非常に人気の高いエリアですが、サッポロファクトリーに隣接する
永山記念公園内に今年6月、新しいカフェがオープンしました!

「和洋折衷喫茶ナガヤマレスト」です。

北海道の開拓に情熱を傾けた永山武四郎が、明治10年に建てた

「旧永山邸」に隣接する「旧三菱鉱業寮」内の一角をそのままリノベーションしたカフェです。

昭和前期のモダンな洋館の雰囲気だけではなく、

美味しい食事が堪能できるお店でしたので今回ご紹介します!

ナガヤマレストの営業時間・定休日

ナガヤマレストは札幌のフードビジネス市場で
人気を博す店舗を数多く手がける「WONDER CREW」が運営しています。

「エゾバルバンバン」や「うおっと」などを運営している会社です。

公式ホームページ上で記載されている営業時間・定休日は次の通りです。

住所 札幌市中央区北2条東6丁目2番地 永山記念公園内
営業時間 11:00〜22:00
電話 011-215-1559
定休日 毎月第二水曜日
駐車場 なし(近隣の有料駐車場を利用)

店舗専用駐車場はありませんが、サッポロファクトリーを利用される方は、
駐車場が最初の1時間無料なので、買い物と一緒に利用されるのが便利かと思います!
(館内で2,000円以上購入した場合は3時間無料)

ナガヤマレストの行き方

札幌中心部に位置しているので、とてもわかりやすい場所にあります。
公共交通機関を利用する場合は、地下鉄東西線「バスセンター駅」の利用が便利です。

8番出口を出たあとファクトリー方面へ歩き、徒歩7〜8分程度。

二条館と三条館に隣接する「永山記念公園」内にあります。

店内の雰囲気・メニュー

北海道指定有形文化財の「旧永山武四郎邸および旧三菱鉱業寮」内ということもあり、
とても趣きのある佇まいです。

また園内にある緑がとても気持ち良く、紅葉がとても綺麗でした。

夏には屋外のテラス利用も良いですね!

邸宅内は土足厳禁のため、玄関で脱ぐことになります。

スリッパはないため、靴下を履いていくことをオススメします。

玄関を入ってすぐ目に入ってくるモニュメント。お洒落なデザインです!

入り口はこちらではなく、廊下の奥になります。

懐かしさを感じる木の廊下と、入り口の横には電話室の文字!


黒電話自体久々に見ました!

期待を胸に木の扉を開けます。

おっしゃれー!!

一瞬デパートにあるサロンかと錯覚しました(笑)

ステンドグラスも素敵です。

さすが札幌のフードビジネスを盛り上げている会社さんが出かけているだけありますね!

ここだけのグッズの販売もあるので、ちょっとしたお土産にもぴったりですね。

もちろん自分用にも。外箱とか絶対捨てられない(笑)

店内のテーブル席と一人席があり、およそ20席前後でそこまで広くはありません。

一人席があるのも嬉しいですね。先ほどの正面側の位置です。

 テーブル席はこんな感じです。

平日ランチ時は年配の方が多くいらしていました。

メニュー表もお洒落です!お店の想いも書いてありました。

フードメニューも多彩。ビーフシチューやカレーが人気のようです。

僕もビーフシチューを注文。

野菜ごろごろ入っていて、お肉がとろけるくらい柔らかかったです!本格派!!

ビーフシチューはテイクアウトも可能のようです。

知人は永山邸カレーを注文。

ダムカレーを彷彿とさせる二つのルーの味が楽しめるカレーでした!

同じくお肉が柔らかかったとのことです。そこまで辛くないので子どもにも安心して
注文することができると思います。

またランチではセットも追加料金でお得に頼むことができました。

他にもパスタやサンドイッチなど、

ホームページを見ると美味しそうなメニューがずらり!

もちろんデザートメニューもあります。

インスタで見るとパフェの画像をあげている方が多く、とても美味しそうでした。

お店の名前がついたナガヤマパフェは白玉、団子、わらび餅が入った贅沢すぎるパフェで
とても気になります・・・・

締めパフェしたかった・・・笑

おわりに

いかがでしたでしょうか。

旧永山武四郎邸の特徴に見られる、和洋折衷がコンセプトになった素敵カフェでした。
22時まで開いているので、夜カフェでの利用としても最適ですね。

アルコールもあるので、素敵な店内で一杯というのも良いかもしれません。

今回は食事での利用でしたので、
次回はパフェを食べにぜひ足を運んで見たいと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です