恋愛

彼女と距離を置くことになった僕がヨリを戻すため実行した3つのこと

交際が順調だと思っていた人に突然距離を置きたいと言われ驚きとショックで目の前が真っ暗になった経験はありませんか?

今回は私の実体験をもとに、相手に距離を置きたいと言われた時にどう自分と向き合い、ヨリを戻すまでの時間を過ごしたかお伝えしたい思います。

距離を置く=別れ?

結論から言うと必ずしもそうではないと断言できます。

実際私は彼女から突然距離を置こうと言われた1ヶ月後に一度ヨリを戻しました。

大切な人から急に距離を置きたいと言われたら、心穏やかに過ごすことも難しくなりますよね。何をしてでも相手のことが気になっては連絡を取れない辛さで、とことんネガティブ思考になってしまうのは仕方のないことだと思います。

中には耐えられずに連絡を取ってしまう人や、最悪自分から別れを選ぶ人もいるでしょう。

私も当初は、突然現実を突き付けられた彼女への不信感を抱かずにはいられませんでした。

ただ、本当に相手と向き合っていなかったのは自分の方でした。

相手も相手なりに考えて出した結論です。悩みや相談を言い出すきっかけや雰囲気を作り出すことのできなかった自分にも原因があるのだと気づいたのです。

自分は向き合ってきたとするその感情こそ、ただの傲慢なのではないのかと。

謙虚な気持ちや一方的な想いは時にして傲慢に変わると思います。だから距離を置かれたといって卑屈にならないで、この時こそとことん自分自身と向き合うべきです。

では、この距離を置く期間はどう過ごすのか?

相手の心を温めるのではなく、本当に必要なのは自分が変わることしかないということでした。

だからすぐに距離を置く=別れと連想するのは、本当に勿体無いことだと思います。

上には矛盾するようですが、自然消滅を狙って距離を置く人も当然いるでしょう。

もしたとえそうだったとしても、一度好きになった相手を一方的に責めてばかりの感情は、自分がますます卑屈になって、最終的には自己嫌悪で深く傷が残るだけです。

距離を置くことはとても辛いことですが、今は冷静になって自分自身はこれからどうしたいのか。相手とヨリを戻すにはどう過ごすべきかをじっくり考えるための冷却期間だと思って過ごすことが何より懸命です。

距離を置くことは男女によって捉え方が違うのか

僕の場合は彼女から約1か月間、距離を置きたいと言われました。

中には無期限として距離を置くカップルもいると思います。

無期限は本当に辛いですよね。

知人は彼女から突然無期限の宣告を告げられ、目の前が真っ暗になったようでした。半ば諦めていた友人でしたが2か月ほど経って彼女から連絡がきたそうです。

そんな二人はヨリを戻してから、これまで以上に良好な関係を築けています。実際このパターンは稀だと思いますが、他の人の体験談では、「距離を置く期間」や「男女差」にも深い関係性があるようです。

中でも距離を置く期間は2週間〜1か月程度がヨリを戻す一つの目安となるようです。

それ以上は二人の交際期間にもよりますが、連絡を取らない生活にも慣れが生じ、また無期限の場合では、どちらか一方が諦めがつき始める傾向にあるようです。

実際僕も1か月の期間ですら長く感じました。

男女差ですが、同じ「距離を置きたい」でも男性と女性では意味合いは違います。

男性側の心理は主に以下のような表れがあるのではないかと思います。

・彼女の他に気になる人がいる

・重たくなっているのでそれに気づいて欲しい

・仕事や趣味の方が楽しく恋愛に向き合うのが億劫になってきた

・別れたいけど思い切って言うのが辛い

実際このような心理で距離を置いたものの、すぐに男性から「やっぱりヨリを戻りたい」と切り出してくる場合も少なくないようです。

男性は一時的な感情で物事を判断することがあります。浮気なんてその最たる例です。一時的な感情で後で取り返しのつかないことになる男性が実に多いのです。

同様に一時的な誤った判断で「距離を置いた方が楽だ」と思うことがあります。

一度離れてみることで、彼女の本当の大切さが身に染みてわかってくる場合があります。

ただしこれは付き合いが長いカップルに多く、まだ付き合いが短い場合は注意が必要です。

責任を転嫁し自分自身を正当化するため、本音を出したがりません。こういう男性の場合は時にはこちらから見切りをつけることも大切だと思います。

また、女性の場合も男性と同じ場合もあるようですが、男性側と心理と一つ違う点として

彼氏に対しての一定のお試し期間としての意味合いもあるようです。

・愛情表現が下手な彼氏に嫌気がさしている

・浮気をされて許すかどうかを判断したい

・二人の将来を考えたときに冷静に一人で考えたい

男性と比べ、このような比較的前向きな場合もあるのだとか。

そのため、距離を置こうと切り出されたら、自分自身を見つめ直すことが何より大切です。

表面的な部分ではなく、本質的な自分の内なる部分を見つめ直すことで、相手に再度アピールできるまでの期間を準備するのです。

人間変わることは本当に難しいです。

相手に不満を言われたり、否定されると反抗したくなる気持ちも十分にわかります。

ここはぐっと自分を堪えて、まず冷静に捉えることで自分自身に向き合ってください。

冷却期間中に僕が心がけた3つのこと

僕が距離を置いている期間中に心がけたことが3つあります。

・ヨリを戻せたのならば、本当に大切にしたいことは何かを考える
・相手を責めたい気持ちを堪えて、猶予を与えてくれた感謝の気持ちを持つ
・自分が何かに没頭できる趣味や時間を作る

自分が本当に大切にしたいこと、譲れないことにはとことん掘り下げたほうが良いです。そして二人でしっかり話し合うべきです。

もしそこでお互いが納得いかないようであれば、辛いようですが戻るべきでもないと断言できます。だから妥協せずしっかり話し合ってください。

一見、先述の「自分が変わる」と言うことに矛盾しているようにも思えますが、本質的に譲れない部分や、今後大切にしたいこと全てを相手に合わせる必要はないと思います。

お互いの歩み寄りが何より大切かと思います。

そして距離を置いている期間に自分磨きをすると言うことです。

僕の場合は、彼女が僕の不満に思っていた項目を深く掘り下げて考えました。

これまでの付き合いを否定されたようでとても辛かったのですが、客観的な視点で自分という存在に向き合いました。結果、今の僕に足りないことが次々と表面化してきました。

例えば、「自分が思い通りにいかないとイライラする癖がある」と不満に対しては、「いつ」「誰に」「どんな場面で」イライラしているのかを日常の所作や動作から客観的に一つひとつ見つめて直していきました。

人間すぐに治すことは難しいですが、意識することは何より大切だと思います。

そして、僕が一番大切にしたことは「自分に没頭できる時間を作ること」でした。

僕はこのブログを立ち上げた理由の一つとして彼女の存在もありました。

ブログには以前から興味を持っていましたが、自分の思いを整理するため、そして備忘録としても綴ることで何か自分自身に対して変化をつけたいと強く思ったからです。

また、知人からの誘いにも極力乗ることにしました。

気を紛らわすという意味合いもありますが、いつまで卑屈になっていても状況は変わらないですし、ストレスが溜まるだけです。

どうせなら、冷却期間を楽しむくらいの気持ちでどっしり構えていましょう。

もちろん、全く向き合わずに遊んでばかりはダメですけどね(笑)

おわりに

いかがでしたでしょうか。

大好きな人に突然距離を置こうと言われて、日常生活にも支障が出ている方も少なくはないと思います。

ただ、大切な人が与えてくれた貴重な期間ともプラスに捉えることで、可能性ある未来を少し手繰り寄せることは不可能ではありません。

相手を一方的に責めるのではなく、自分自身を客観的に見つめ直して向き合ってみてください。先を思い描くのはそれからでも遅くありません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です